ED治療が必要となる症状とは?
悩んでいる夫婦

ペニスが思うように勃たなくなったら、ED治療が必要な時期だと考えていいでしょう。
たまに体調不良で勃ちが悪いことはありますが、3回連続で勃ちが悪くなるような状況なら、EDだと考えていいでしょう。
ED治療は早く始めるほど効果が高いので、たびたびEDを発症するようになったらすぐに対策をするべきです。
そのまま放置しておくと、重症化して改善に長期を要することになるでしょう。
医学的にはEDに該当する症状は、75%超の確率で勃起不全になったときです。
つまり4回のうち3回を超えて失敗するようになったら、間違いなくEDだと考えられます。
たびたび失敗するような状態は、身体の内側にEDの原因があるわけですから、体調管理からしていく必要があります。
具体的にはED治療薬を服用しつつ、肥満対策をしていくことです。
EDは生活習慣病の一つであり、肥満対策をすればEDの進行も抑えることができます。
メタボな男性の腹部EDに悩んでいる方の多くは、体脂肪が多く蓄積しているのです。
体脂肪を落としていかないと、血流が悪化して陰茎海綿体が速やかに反応しなくなります。
性的興奮を覚えたときに、反射的にペニスが勃起する状態が好ましいのです。
ペニスの反応が遅れるようになったら、血行不良を疑ってみる必要があるでしょう。
特に肥満体の方は血流が悪化しやすいので、食前に運動するなどの対策も必要です。
食前の運動は体脂肪を燃やすのに効果的で、血流も改善してくれるのです。
ED治療が必要な症状は、勃起力の減退だけでなく、中折れもあります。
頻繁に中折れするようになった場合もEDと考えていいでしょう。
オナニーでは文句なしに勃起するという方でも、SEXで失敗を繰り返すようならEDに該当するのです。